コリン。記憶力を高める効果。サプリと副作用・摂取量の目安は?

栄養素・コリンについての記事です

コリンとは

リン脂質構成物質
水溶性のビタミン様作用物質でもある

体内で作られる栄養素だが、
体内で作られる量は少ない

語源はギリシャ語の「chole(胆汁)」

体内でアセチルコリン
レシチンを作る材料になる

コリンの効果・効能

記憶力、学習能力UP

コリンは体内で
脳の神経伝達物質アセチルコリンを作るので
記憶力学習能力集中力に関わる栄養素です

アセチルコリンが減少すると
認知症の原因になるという研究データもあるようです

コリンレシチンという
脳に栄養を送る成分も生成します

ちょっとした物忘れが増えた人は
コリンを摂取してみると良いかもしれません

動脈硬化、高血圧予防

アセチルコリン
血管を広げて、血圧を下げる効果があるので
血圧を下げ、動脈硬化予防に効果的です

肥満防止、ダイエット効果

コリンは脂質・糖質を代謝して
エネルギーを生み出す作用があります

代謝を上げて、脂質や糖質を消費することで
ダイエット効果にも効果が期待できます

脂肪肝を防ぐ作用もあります


広告



コリンを摂れるオススメの食べ物

牛肉、レバー、鶏肉、卵、大豆
納豆、牛乳、ナッツ、玄米
えんどう豆、さつまいも
ブロッコリー、とうもろこし

効率的に栄養を吸収するには

ビタミンB12と同時接種することで
体内でアセチルコリンが作られやすくなります

栄養素・ビタミンB12についての記事です ビタミンB12とは 血液を作る「赤いビタミン」 水に溶ける水溶性ビタミン 主に血液を作る働きをします 植物にはほとんど含まれておらず 動物性の食材から摂取できる栄養素 ...

コリンを摂取できるオススメ料理

卵かけご飯

には豊富なコリンが含まれています

コリンの注意点、副作用など

毎日10gほどの過剰摂取をすると、
以下のリスクが生じえます

体臭が臭くなる、嘔吐、など

基本的には安全性が高い栄養素なので
健康被害は少ないようです

とはいえ、
常識を超えるような過剰摂取は控えましょう

コリンが不足するとどうなる?

不足すると、以下のリスクが生じえます

脂肪肝、ボケる、不妊症
腎不全、記憶障害、高血圧、など

摂取した方が良い・不足しやすい人の特徴

・ボケ気味な方
・アルツハイマーな方
・認知症の方
・物忘れが多い方

日本人には不足しやすい栄養素の一つです

オススメなコリンのサプリメント

コリン&イノシトール

<主な成分>

コリン 500mg
イノシトール 500mg

コリン&イノシトールを試す

オススメなコリン健康食品

アルツパンチ

物忘れが多くなった人にオススメ!

コリン125mg配合!
上品な甘さで味も美味しいと好評

アルツパンチを試してみる

1日に必要な摂取量の目安

成人男性 550mg
成人女性 400mg
上限値 3500mg

コリンの効果・効能まとめ

・記憶力、集中力UP
・動脈硬化、高血圧予防
・肥満防止
・ダイエット効果

「可愛くなりたい…」「美人になりたい…」 「イケメンになりたい…」「痩せたい…」 「女性らしい体型になりたい…」 「老化を予防したい…」「背を伸ばしたい…」 「頭のいい子を育てたい…」「健康でいたい…」 「薄毛・抜け毛・...
Scroll Up