メチオニン。育毛・ダイエット・花粉症に効果的。おすすめサプリ&食材は?

栄養素・メチオニンについての記事です

メチオニンとは

体内で生成できない必須アミノ酸の一種

主に、肝臓の働きを促進させる作用を持つ

メチオニンは、
タウリンカルニチンシスティン

体内で生成する作用を持つ

栄養素・タウリンについての記事です タウリンとは リポビタンD等の 栄養ドリンクで有名な栄養素 硫黄を含む含硫アミノ酸の一種 タウリンの効果・効能 精神的な疲労を回復する効果 タウリンは脳疲労やストレス解消に...
栄養素・カルニチンについての記事です カルニチンとは アミノ酸の一種 リジン+メチオニンが 肝臓で合成されてカルニチンになる 体内で生成することが可能なアミノ酸の一種 20代をすぎると 体内で生成するカルニチン...
栄養素・システインについての記事です システインとは 非必須アミノ酸の一種 体内ではメチオニンから合成される また、L-シスチンとは L-システィンが2分子結合したアミノ酸 肝臓の働きを促進させたり 髪の毛...

メチオニンの効果・効能

肝臓機能を高め、生活習慣予防

メチオニン
肝臓内の老廃物・毒素を外に排出して、
コレステロール値を下げる働きをします

まさに、内蔵のデトックス効果!!

動脈硬化の予防
脂肪肝の予防にも効果的です

二日酔い対策

メチオニンアルコールの分解を促すので
お酒を飲み過ぎた後の悪酔い対策や
二日酔い予防に効果が期待できます

脂肪燃焼でダイエット効果

痩せたい人に朗報!

メチオニンは肝臓・腎臓で
カルニチンを作り出す成分

カルニチンミトコンドリアに脂肪酸を運び
エネルギーに変換する作用があるので
脂肪が燃焼されやすい身体づくり…
ダイエット効果が期待できます

システィンを合成し美白肌へ

メチオニンはしシスティンの材料になります

システィンには美容・美白効果など
数多くの効能があります

詳しくはシスティンのページを参照

栄養素・システインについての記事です システインとは 非必須アミノ酸の一種 体内ではメチオニンから合成される また、L-シスチンとは L-システィンが2分子結合したアミノ酸 肝臓の働きを促進させたり 髪の毛...

抜け毛・薄毛対策!育毛効果

メチオニン
髪の毛の成分・ケラチンの材料になるので
抜け毛や枝毛を改善する効果が期待できます

薄毛の悩みを解消する一手になり得ます

老化予防・エイジングケア効果

増えすぎた活性酸素
身体中の細胞を破壊していき
身体を錆びつかせて行きます…

メチオニンは増えすぎた活性酸素を抑えて
取り除く作用があるので、活性酸素から身を守り
アンチエイジングの効果が期待できます

ビタミンCビタミンEセレン
メチオニンと共に活性酸素の除去作用があります

栄養素、ビタミンCのページです ビタミンCとは 水に溶ける水溶性ビタミン 化学名はアスコルビン酸(L型) 牛・犬は体内でビタミンCを精製することができるが 人や猿は体内でビタミンCを精製できません なので、健康のため...
栄養素、ビタミンEについての記事です ビタミンEとは 若返りのビタミン 油脂に溶ける脂溶性ビタミン <別名・種類> ・α-トコフェロール ・γトコフェロール ※人の栄養素としてはこの2つがメイン トコフェロ...
栄養素・セレンについての記事です セレン(セレニウム)とは 若返り・美肌のミネラル セレン(セレニウム)は 成人の人体には約15mgほど存在します 元素番号 34 原則号 Se ...

うつ病・ストレス予防

メチオニン幸せホルモン・セレトニン
興奮物質ドーパミン等の
神経伝達物質の材料になります

なので、落ち込んだ気分の改善や
うつ病・ストレス対策や
集中力を高める効果が期待できます

ED対策!精力UP効果

メチオニン不足すると
肝臓機能が低下し、コレステロール値が上昇する…

すると血流の流れが悪くなり
勃起(血液が必要)がされにくくなる
…と考えられています

メチオニンEDの関係性については
まだ確固たる研究結果は出ていないようです

ただ、上記の理由に加え
EDメンタル面での落ち込みとも関係しうるので
メチオニンの摂取によりメンタル面を改善され、
EDが改善し精力がUPするのでは?
とも言われています

花粉症・アレルギー予防

アレルギーの原因となるヒスタミン
メチオニンは血液内のヒスタミン濃度を下げ、
アレルギー症状や喘息の症状を抑えるのに効果的

花粉症もヒスタミン値が高いとなりやすいので
花粉症予防にも効果的です


広告



メチオニンを摂れるオススメの食べ物

主に、肉・魚類に多く含まれるアミノ酸

マグロ、湯葉、チーズ、鯖
カツオ、アジ、ハマチ、鶏肉
ラム肉、しらす、くじら肉
豚肉、馬肉、フグ、エビ
秋刀魚、牛肉、ウズラの卵
イカ、ウニ、小豆、落花生
ピスタチオ、くるみ、ひじき
枝豆、油揚げ、ごま、海苔
鮭、ブリ、大豆、ほうれん草
にんにく、グリーンピース
豆腐、卵、鰹節、すじこ
七面鳥、トビウオ、はも

効率的に栄養を吸収するには

ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸

栄養素、ビタミンB6についての記事です ビタミンB6とは 水に溶けやすい水溶性ビタミン 別名:ピリドキシン ビタミンB6の効果・効能 脂質・タンパク質からエネルギーを作る 三大栄養素の中の2つ 脂質とタンパク...
栄養素・ビタミンB12についての記事です ビタミンB12とは 血液を作る「赤いビタミン」 水に溶ける水溶性ビタミン 主に血液を作る働きをします 植物にはほとんど含まれておらず 動物性の食材から摂取できる栄養素 ...
栄養素・葉酸の記事です 葉酸とは 赤ちゃんのビタミン 水に溶けやすい水溶性ビタミン ビタミンB群の一種 ほうれん草から発見されたので ラテン語で葉を意味する「folium」が語源になり 英名でfolic aci...

を同時接種することにより
体内でシスティン合成を促します

栄養素・システインについての記事です システインとは 非必須アミノ酸の一種 体内ではメチオニンから合成される また、L-シスチンとは L-システィンが2分子結合したアミノ酸 肝臓の働きを促進させたり 髪の毛...

メチオニンの注意点、副作用など

過剰摂取すると、以下のリスクが生じ得ます

めまい、低血圧、嘔吐
視力低下、血管障害、など

メチオニンが不足するとどうなる?

不足すると、以下のリスクが生じ得ます

肝機能障害、低血圧症、嘔吐
アレルギー症状、脂肪肝、むくみ
抜け毛、花粉症、動脈硬化など

しかし、基本的には
よほどの過剰摂取をしない限りは
健康被害にまで及ぶのは少ないようです

サプリで摂取する際は
用法用量しっかり守って服用しましょう

摂取した方が良い・不足しガチな人の主な特徴

・抜け毛や薄毛に悩んでいる方
・気分が落ち込み気味な方
・肝臓が弱っている方
・美肌を目指したい人
・二日酔いに悩んでいる方


広告



オススメなメチオニンのサプリメント

ビタミンB群と同時接種すると
体内でシスティンの合成を促進させるので
相性が良いです!

Kentai アミノスーパータブ900

メチオニンシスティンを作り出すのに必要な
ビタミンB6ビタミンB12葉酸だけでなく
他にも数多くの栄養素が含まれている

<主な栄養素

カルシウム 35mg
1mg
ビタミンA 30μg
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.06mg
ビタミンB6 0.08g
ビタミンB12 0.1μg
ビタミンC 5mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンE 0.5mg
ナイアシン 0.9mg
パントテン酸 0.3mg
葉酸 10μg
メチオニン 97mg
その他アミノ酸 多数

Kentai アミノスーパータブ900を試してみる

オススメなメチオニン健康食品

「キヌア」のグラノーラ【クノーラ】

あのミランダ・カービヨンセ
美容目的で愛用した「キヌア」を使用したグラノーラ

食のオスカーとも呼ばれる
GREAT TASTE WARTDAS受賞(イギリス)

必須アミノ酸9種類を含む
20種類のアミノ酸が含まれており、
アミノ酸スコアも優秀

美味しく美しく健康に

三拍子そろった「美容健康食品」

「キヌア」のグラノーラ【クノーラ】を購入する

※画像は公式サイトからの引用

1日に必要な摂取量の目安

男性 700~1100mg
女性 600~1000mg
上限値 4~6g

体重1kgあたり、13mg~15mgが目安

上限値の目安は
体重1kgあたり、100mgが目安

メチオニンの効果・効能まとめ

・肝臓機能を高め、生活習慣予防
・脂肪肝の予防
・動脈硬化の予防
・二日酔い対策
・脂肪燃焼でダイエット効果
・システィンを合成し美白肌へ
・抜け毛、薄毛対策!育毛効果
・老化予防、エイジングケア効果
・うつ病、ストレス予防
・集中力を高める効果
・花粉症、アレルギー予防

「可愛くなりたい…」「美人になりたい…」 「イケメンになりたい…」「痩せたい…」 「女性らしい体型になりたい…」 「老化を予防したい…」「背を伸ばしたい…」 「頭のいい子を育てたい…」「健康でいたい…」 「薄毛・抜け毛・ハゲを改善...
Scroll Up