オリゴ糖。ダイエットに効果的で便秘改善!おすすめサプリと副作用は?

栄養素・オリゴ糖についての記事です

オリゴ糖とは

多糖類の一種

果糖・ブドウ糖等の糖が2~20個連なったものを
オリゴ糖と言う

オリゴ糖の語源は
ギリシャ語で少ないを表す「oligo」

砂糖よりも甘みは控えめだが
低カロリーな糖類です

オリゴ糖の効果・効能

便秘対策に効果的

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになります
(これをプレバイオティクスと言います)

善玉菌はオリゴ糖を分解し、有機酸を作る
有機酸によって、悪玉菌の増殖を抑えます

オリゴ糖を摂取することで
腸内環境を整えるのに効果的です

肌荒れを防ぎ、美肌効果

腸内に悪玉菌が増えると
体内に毒素老廃物が溜まってしまい
肌荒れの原因にもなります…

オリゴ糖によって、腸内悪玉菌が減ると
肌の血流と新陳代謝が良好になり
ニキビ、シミ、シワ、肌荒れの改善に効果的です

美容は身体の内側から!

生活龍看病の予防

オリゴ糖を摂取することで
腸内の善玉菌が増えることにより
中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きをします

よって、
生活習慣病予防に効果が期待できます

ダイエット効果

オリゴ糖は低カロリーなので
砂糖の代わりの甘味として使われることがあります

血糖値の上昇を抑えるのにも効果的です

虫歯になりにくい糖

オリゴ糖は甘いけども
口腔内細菌が好まない糖なので
歯のエナメル質を溶かす酸が出されにくいです

オリゴ糖は、砂糖に比べると
虫歯になりにくい糖分です

アトピー、アレルギー対策

オリゴ糖は
ビフィズス菌や乳酸菌のエサになります

乳酸菌・ビフィズス菌は
アトピー性皮膚炎や
アレルギーを抑える働きをするので
アトピー、アレルギー対策に効果的です

オリゴ糖を摂取することで
アレルゲンから体内の身を守る働きをします


広告



オリゴ糖を摂れるオススメの食べ物

ゴボウ、きな粉、玉ねぎ、ニンニク
蜂蜜、バナナ、アスパラガス
大豆、味噌

効率的に栄養を吸収するには

ビフィズス菌や乳酸菌と一緒に摂取すると
相乗効果が期待できます

オリゴ糖を摂取することで
ミネラルの吸収効率を高める効果もあります

オリゴ糖の注意点、副作用など

過剰摂取すると、以下のリスクが生じえます

下痢、など

一度に大量摂取ではなく
複数回に小分けに摂取するのが好ましいです

オリゴ糖が不足するとどうなる?

不足すると、以下のリスクが生じえます

肌荒れ、生活習慣病、など

摂取した方が良い・不足しやすい人の特徴

・中高齢者
・食生活が乱れている方
・便秘気味な方
・肌荒れで悩んでいる人
・糖尿病の方


広告



オススメなオリゴ糖のサプリメント

麗活美人

オナラや口臭、加齢臭、
デリケートゾーンの匂いが気になる人向けの
日本製のサプリメント

腸内環境を整えることで
体臭を軽減させる効果が期待できます

麗活美人 を試してみる

350億個の善玉菌サプリメント

オリゴ糖食物繊維に加えて、
3種類のビフィズス菌が配合されたサプリ

合計350億個のプロバイオティクス配合

350億個の善玉菌サプリメント を試す

オススメなオリゴ糖健康食品

井藤漢方製薬 イソマルトオリゴ糖

コーヒーや紅茶の甘味料としても使えるし、
料理やお菓子作りの味付けにも使える
便利な調味料

イソマルトオリゴ糖を試してみる

森川 プロポリスキャンディー

オリゴ糖が豊富なキャンディー

更に、ミツバチ由来の栄養素
プロポリスが配合サれているので
健康食品として効果的な飴玉です

森川 プロポリスキャンディーを試してみる

1日に必要な摂取量の目安

成人男性 5~8g
成人女性 5~8g

オリゴ糖の効果・効能まとめ

・便秘対策に効果的
・肌荒れを防ぎ、美肌効果
・腸内環境を整える
・生活龍看病の予防
・ダイエット効果
・虫歯になりにくい糖
・アトピー、アレルギー対策

「可愛くなりたい…」「美人になりたい…」 「イケメンになりたい…」「痩せたい…」 「女性らしい体型になりたい…」 「老化を予防したい…」「背を伸ばしたい…」 「頭のいい子を育てたい…」「健康でいたい…」 「薄毛・抜け毛・ハゲを改善...
Scroll Up