サポニン。冷え性、肩こり予防、オススメ食材・サプリと副作用は?

栄養素・サポニンについての記事です

サポニンとは

ファイトケミカル、配糖体の一種
植物の茎・根・葉に含まれる苦味成分

語源はラテン語で石鹸を意味する「サポ」

サポニンの効果・効能

肥満予防、ダイエット効果

サポニンを摂取することで
脂肪を身体に貯まるのを抑える効果があるので
ダイエット効果が期待できます

特に大豆サポニンは
脂肪の燃焼を促すアディポネクチンの分泌を促すので
痩せやすい体づくりに有効です

免疫力を高める、がん予防

サポニンを摂取することで
ウィルス・細菌・がん細胞を除去する
NK細胞を活性化させる効果があるので
免疫力が高まり、がん予防にも効果的です

咳、タンを改善する

サポニンを摂取することで
肺に侵入した異物を排除する分泌液が出でます

咳・タン、喉の腫れなどの改善するための
風邪薬などに配合される場合があります

肝機能を回復する

サポニンを摂取することで
肝臓での脂肪代謝が促進され
肝臓状態を回復に導きます

血液サラサラ!生活習慣病予防

サポニンには抗酸化作用があり
細胞を攻撃する活性酸素を除去し、
身体の酸化を防ぐ作用があります

サポニンを摂取することで
血中の悪玉コレステロールを抑え
ドロドロとした血液をサラサラにします

血流が良好になることで
全身に栄養素が行き届きやすくなり、
動脈硬化や心筋梗塞など、
生活習慣病予防に効果が期待できます

糖尿病を予防する

サポニンインスリンと似た作用があり
血糖値を下げる効果があります

体内のインスリンが不足すると
糖尿病の原因になります

無駄なインスリンを消費せずに
血糖値を抑えることで
糖尿病予防に効果が期待できます

冷え性、肩こりの改善&予防

サポニンは毛細血管を広げ、
血行を良好にする作用があり
全身に栄養が行き届きやすくなります

血流が良好になることで
冷え性肩こりの改善が見込めます

老化予防、アンチエイジング効果

サポニンには強い抗酸化作用があり
細胞を老化に追い込む活性酸素を除去するので
老化予防、アンチエイジング効果が期待できます


広告



サポニンを摂れるオススメの食べ物

ゴボウ、高麗人参、黒豆、桔梗
豆腐、味噌、豆乳、湯葉、おから

サポニンを摂取できるオススメ料理

豆腐の味噌汁

豆腐(大豆)、味噌(大豆)と
共にサポニンが豊富な大豆料理です

サポニンの注意点、副作用など

過剰摂取すると、以下のリスクが生じえます

下痢、吐き気、など

過剰摂取はしないように心がけましょう

サポニンが不足するとどうなる?

サポニンの欠乏症は特にないようです

摂取した方が良い・不足しやすい人の特徴

・ダイエットしたい方
・体調を崩しやすい方
・席が多い方
・アンチエイジングしたい方
・お酒を飲む人
・冷え性でお悩みの方
・肩こりが酷い方

オススメなサポニンのサプリメント

ネイチャーズリソース 高麗人参

高麗人参にはサポニンが豊富に含まれています

ネイチャーズリソース 高麗人参を試す

オススメなサポニン健康食品

ごぼう茶

ゴボウ茶は豊富なサポニンが含まれており
ミネラルも豊富に含まれています

ごぼう茶は、お茶の中でも
健康効果が高いお茶として知られています

是非、一度お試しください

ごぼう茶を試す

1日に必要な摂取量の目安

成人男性 100mg
成人女性 100mg

サポニンの効果・効能まとめ

・肥満予防、ダイエット効果
・免疫力を高める
・がん予防
・咳、タンを改善する
・肝機能を回復する
・血液サラサラ!生活習慣病予防
・糖尿病を予防する
・冷え性、肩こりの改善&予防
・老化予防、アンチエイジング効果

「可愛くなりたい…」「美人になりたい…」 「イケメンになりたい…」「痩せたい…」 「女性らしい体型になりたい…」 「老化を予防したい…」「背を伸ばしたい…」 「頭のいい子を育てたい…」「健康でいたい…」 「薄毛・抜け毛・...
Scroll Up